補正下着は体型が崩れてから使う?

補正下着は体型が崩れてから使う?

補正下着は体型が崩れてしまった人が使うもの、というイメージがあります。
体型が崩れてしまった人というのはある程度年齢が高くなった人であって、若いうちは関係ない…と考えるのが普通です。
ですが実際に補正下着が売れている年齢層を見ると、必ずしもそうでないことが分かります。
40代や50代と言った世代の人ばかりではなく、20代の人、中には10代の人も補正下着を使っています。
年齢とともに崩れてしまう体型を補正することが目的なのに、これはなぜでしょうか?
まず、若い年齢層だからと言って必ずしも全ての人が自分自身の体型に満足しているわけではないということです。
年配の人に言わせると贅沢な悩みと言われてしまうようなものもあるかも知れませんが、若い人は若い人なりに体型に不満や悩みを抱えています。
それを改善するために補正下着を利用することは何ら不思議なことではないのです。
別の項でもお話しましたが、女性の場合は妊娠や出産も体型を変えてしまう大きな転機です。
妊娠によってお腹が前に突き出した状態が半年近く続くのですから、体型もそこから戻るのには時間を要します。
もしかすると時間を掛けても元通りにはならないかも知れません。
その場合も補正下着の出番となるのですが、妊娠・出産後の体型を戻すには出産後半年以内が勝負だと言われています。
というのもまだ脂肪に流動性があるうちに脂肪を元の位置に戻す補正をして、そこに脂肪を定着させることが効果的だからです。
仮に体型が変わった状態のまま脂肪が定着してしまうと、補正下着だけで元に戻すのは容易なことではなくなってしまいます。
妊娠や出産というのは通常年配の人よりも若い女性が経験します。
この場合に補正下着を使うとなると、やはり若い人にとっても補正下着が他人事ではないことが分かります。

形状記憶合金という金属があります。
ある処置を施した時の形を記憶していて、形を強制的に変えた後でもあることをすると元の形に戻る、というものです。
人間の脂肪にもこれに似た性質があります。
若い頃に形作られた脂肪の形を記憶していて、一度ダイエットで痩せてもまた元に戻ってしまうなどのイタズラをします。
この性質を逆手に取って、若いうちに脂肪の形を美しいプロポーションに記憶させてしまうのです。
補正下着を習慣にすることによって次第に美しいプロポーションを記憶するようになります。
これが出来ていると、一時的に太ったり体型が変わったとしても、元に戻すことが比較的容易になります。


補正下着サッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。