補正下着選びの3つのポイント

補正下着選びの3つのポイント

補正下着には大きく分けて、3つの大きなポイントがあります。
これらのポイントを全てクリアしている補正下着が良い補正下着ということになります。
それはどんなものでしょうか。
まず、運動性。
下着を着けている着心地と言ってもいいでしょう。
常にジッとしているわけではありませんから、動いていてもちゃんと体にフィットしていることが求められます。
単なる下着の着心地と違い、体型を補正するという重要な役割があるためずれたりしては効果がなくなってしまいます。
そのため、補正下着の運動性は普通の下着よりもさらにシビアに設計されています。
運動性が悪い下着だと、ブラジャーのストラップが落ちてしまったりアンダーバスとがずれてしまったりして不快感があるばかりか、補正下着本来の機能が損なわれてしまいます。
ふたつめにポイントとなるのが健康性。
これは補正下着でなくても、下着そのものの大切な機能です。
健康性に優れているかどうかは着用している時に快適かどうかで判定できます。
着けていて違和感があったり、苦しかったりしては意味がありませんし、補正も適切に行われてはいません。
健康性が悪い補正下着を着用していると苦しいので、食事の時に外している人を見受けます。
食事の時に起こる微妙な体型の変化で苦しくなってしまうようなものは健康性が高いとは言えません。
食事の際にも着けたままで苦しくないこともチェックしましょう。

最後は適合性。
補正下着の販売店やサロンに行った際、フィットするサイズがあるかどうか、これは重要な問題です。
ラインナップの少ない販売店に行ってジャストフィットするサイズのものが無かった場合にそれに近いもので妥協してしまう場合などは、適合性が高いとは言えません。
たとえ小さな差異でも、サイズが合わないものをつけていると時間が経つにつれて悪影響が出てしまいます。
これら3つのポイントをチェックするにあたって、ひとつ注意点があります。
補正下着によってスリムになろうとするのは良いのですが、少しでも細くなろうとして小さいサイズの下着を選んでしまうことは避けましょう。
補正下着はあくまでも体型を補正するためのものであって、体を細くしたり小さくしたりするためのものではありません。
そんな窮屈な下着に体を押し込んだ状態が長く続くと体型を崩してしまうばかりか、健康にも害があります。
小さなサイズの下着と着けるとそれに体型が合ってくると思うのは仕方ありませんが、それは誤解なので注意しましょう。


補正下着サッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。