誰にでも合う補正下着は存在しない?

誰にでも合う補正下着は存在しない?

女性は美意識の高さもあって、常にコンプレックスを抱えている人がほとんどです。
「もっと可愛い顔だったら」「もっと痩せていたら」「もっと肌がキレイだったら」…人が見ても決して見劣りすることはないのに、本人が勝手に自分は美しくないと思い込んでいることは非常に多くあります。
そんな女性のコンプレックスが化粧品やダイエット関連、果ては美容整形まで、美容産業を支えていることは確かなのですが、闇雲にコンプレックスを持っているだけでは前には進みません。
まず何が不満なのか、それをどうしたいのかをしっかりと定めて、自分はそのためには何が足りないのかを認識することが大切です。
補正下着のメーカーはたくさんありますが、どのメーカーにも共通していることは、誰にでも合う補正下着は無いということです。
補正下着は女性の体型を修正するためにあるので、その下着を使う人の体型にジャストフィットしている必要があります。
サイズが合わなかったり、間違った設計がされている補正下着を使っていると逆効果になって体型が崩れてしまうばかりか、姿勢を悪くしてしまったり内蔵機能の低下、冷え性などの原因になってしまいます。
そのため、補正下着をオーダーする際には徹底的にサイズを計測して、その後時間を掛けて体型を補正していく方向性などを決めます。
補正下着はそういったことが詳しく決まらない限りは作ることが出来ません。
そのため当然ですが、ある人のために作った補正下着は、他の人に使うことは出来ません。
仮に体型が似ている人であっても、見えない部分や細かい部分で全く同じ体型とは言い切れないからです。
補正下着は別名をファンデーションと言います。
ファンデーションというのはお化粧でよく耳にする言葉で、基礎化粧品という意味です。
ここでも同じような意味で、基礎や土台となる衣服という意味でファンデーションと呼ばれます。
下着ということで直接肌に触れる衣服です。
つまり常に体に最も近いところにある衣服です。

そのため肌や体全体の健康への影響が非常に大きいので、このように一人一人に合ったものでないといけないのです。
ここまで徹底的にサイズを測ったとしても、人の体型は常に一定ではありません。
補正下着の効果が表れてスリムになってくると体型は変わりますから、常にその人の体型にジャストフィットしている必要があります。
そのため、補正下着は最初だけでなく定期的にサイズを測って調整を繰り返して使用します。


補正下着サッカー上達・教材DVDベスト5
↑サッカー上達のための教材を紹介しています。
一度のぞいて見てください。